私たち株式会社フェザーズは、ドローンで社会に貢献する集団です。
個人的な記念撮影からビジネス用のプロモーション動画の制作、太陽光パネルや外壁の点検、農薬散布まで幅広くドローンを使用し、人の目線の高さの移動撮影から高度150mまでの高高度撮影、また最近では空撮だけでなく水中の撮影までを行っており、様々なシチュエーションにおいて画期的な撮影を提供しています。

サービス一覧

  • ドローン空撮
  • ドローン点検
  • 農薬散布
  • 機材販売
  • ドローンスクール

 

各種申請

ドローンの普及により事故なども実際に起きているため、航空法が改正され現在ではドローンを飛行させるのにまず飛行の許可、認可は基本的に毎回必要となります。

無許可で飛行させた場合、重い刑罰に処せられる可能性もあります。

ドローンを飛ばす際に必要な許可や飛行可能地域であるかどうか、また許可を取得する際の申請も一括でお任せ下さい。

ドローン規制があるので、都心部では申請許可が必要

①空港周辺 ②150m上空 ③人口密集地区 ④夜間飛行

⑤目視外飛行 ⑥第三者の30m未満 ⑦イベント会場上空

⑧危険物の輸送 ⑨物を落としてはいけない

機体の落下や墜落による傷害・損害リスクがある。


 弊社パイロットは国交省年間包括許可を取得しておりますので、急な案件でもすぐに空撮可能です!

取得済み許可

  • 人口集中地区(都心部・繁華街等)
  • 人又は物件から30m未満に接近した飛行
  • 夜間飛行
  • 目視外飛行

 

FAA(連邦航空局)

アメリカで250g(0.55lbs.)以上のドローンを飛ばすために必要な、連邦航空局(FAA)に登録済